不動産投資と賃貸用物件と建物の構造や環境

不動産投資で中古物件などを購入して賃貸経営をする場合には、借り手の住環境も勝負のポイントになります。
賃貸経営では、借り手の確保が非常に重要です。
住みにくければ住みやすい賃貸物件を借りるまでですので、住みにくい物件を購入すると空室のリスクが出てきます。
そうなるとローンなどで購入した場合には、返済計画や利回りに支障が出てしまいます。
家賃が入らないからです。
マンションばかりではなくアパートでも同じです。
購入すべき建物については、鉄骨鉄筋コンクリートか鉄筋コンクリートの物件を選びます。
地震対策や防音などにも効果的です。
また、ゴミ置き場の確認は、よく言われているので誰もが知っていますが、建物自体が清潔に維持されているかも重要です。
一事が万事ということもありますので、何か所か共有部分の確認場所チェック場所を決めておくとわかりやすくなります。
また、ガスもプロパンガスか都市ガスかも確認します。
料金が違うからで、プロパンガスの方が高くなるからです。
不動産投資では、それらの点も重要な確認事項です。